妊娠中のムダ毛処理の注意点と医療脱毛がおすすめのわけ

クリニックやサロンにおける脱毛をストップしたあとのムダ毛処理ですが、自宅における除毛が主になります。
妊娠中のお肌というのはとても敏感です。
そのため、大雑把なムダ毛処理では炎症を起こしやすくなっており、炎症が起きたとしても薬剤を処方してもらうことができません。
炎症が起きないようにお肌に優しい方法でお手入れをするようにしてください。

お肌に優しい脱毛方法って?

お肌にやさしい除毛方法というのは、お肌への刺激ができるだけ少ないということです。
やはりおすすめは電気シェーバーを使用した方法です。
電気シェーバーは刃が直接肌に触れることなくムダ毛を処理できます。
そのため、肌荒れのリスクを最小限に抑えることができます。
カミソリは刃によって肌の表面を削ってしまいますので避けるべきです。

一番してはいけないことが毛抜きを使用した脱毛です。
毛抜きを使用した脱毛というのは、毛穴に非常に大きな負担がかかってしまい、毛穴に炎症を引き起こしてしまったり、埋没毛になってしまいます。

お肌にボツボツができてしまうこともありますので毛抜きは使用しないようにしてください。
除毛クリームももちろん市販されているのですが、妊娠中のお肌には刺激が強すぎて、湿疹、炎症の原因になってしまいます。

出産後いつから脱毛は再スタートできる?

無事出産を終えたら、自分磨きにも力を入れようと思うはずです。
しかし、授乳中にはまだまだホルモンバランスが安定していない状態です。
また、産後は育児に家事にと忙しくしており、睡眠不足、疲労などによって体調を崩しやすいです。

気力や体調が万全ではない出産直後は、脱毛をもう一度スタートするにはまだまだ適していません。
脱毛再開の目安ですが、クリニックや脱毛サロンでは、出産してからすぐに受け付けしています。
しかし授乳中には胸周辺、両脇などは避けて脱毛をすることがほとんどです。
授乳に影響するような余計な刺激を控えるようにしたり、薬の塗布はしないのが理想的です。

脇脱毛などを考えている人の場合にはできるだけ授乳が終了するタイミングで検討するようにしてください。
時期は人によってそれぞれ異なるのですが、赤ちゃんが1歳を過ぎたあたりから卒乳をするケースが多いです。
それを区切りにして体調が安定していることを確認してからもう一度スタートするようにしましょう。

妊娠発覚から授乳を終えるまでという期間を想定して、脱毛の契約を長期的に補償してくれる医療脱毛クリニックのほうがやはり安心だと思いますよ。

コメント