脱毛の前後にするべき作業

家庭用脱毛器を使用して脱毛する場合には、光を照射する部分を、保冷剤等使用してしっかりと冷却します。
冷却せずに家庭用脱毛器を使用する方も少なくありませんが、あまりおすすめはできません。
効率よく脱毛効果を得るためには照射前の冷却がっても重要になります。
では照射前の冷却がどうして大切なのかをご紹介します。

冷却の重要性

照射時の痛みの軽減できます。
肌を冷やすことで、照射時の痛みを緩和できますので、絶対に冷却すべきです。

冷却すればその分出力レベルを上げて照射できますので、脱毛光かを高めて、効果的に毛を減らしていきましょう。
また、肌をダメージから守ります。
脱毛の光はメラニンの色に反応をして発熱してます。
メラニンは毛だけではなくオアhだにも存在していますので、お肌も発熱を起こします。

あらかじめ肌を冷やしておくだけで万が一発熱しても高熱にならないようにしておきましょう。
冷却すると脱毛器の効果が落ちるのではないかと心配になってしまうかもしれません。
確かに、若干効果は下がってしまうのです。
しかしそれよりも冷却をして出力レベルを上げ、脱毛光かを高めることができますし、肌を熱から保護するメリットの方が大きいです。

そのため、照射前には冷却をしっかりと行ってください。
また、保冷剤が脱毛器についてくる場合もあります。
ただm付属の保冷剤は小さいですので保冷剤は別で準備しておくのをおすすめします。

光の照射方法

脱毛したい部分に光を照射しますが、この光というのはいつまでもずっと電灯のようにずっと光っているのではありません。
強い光が一瞬だけピカッと光ります。

理想としては、できるだけ照射した範囲が重ならないように、
また隙間ができないようにしてください。

そして冷やすのは1発照射、ひやします。
この繰り返しによってより脱毛効果を高めることができるのです。

照射後に冷却する目的はお肌のダメージを抑えるkとです。
脱毛の光は毛を作り出す毛乳頭だけでなくお肌にもダメージを与えます。

炎症とは本来、肌が刺激を受けている時にお肌をまもるためのものです。
この炎症がお肌を傷つけてしまうど炎症原因になりますので注意してください。
このようなことに注意していれあ、しっかリト脱毛効果を得ることができますよ。

ただ、やり方によっては脱毛光かを十分に得ることができない、ということもありますので注意してください。

コメント